一日の報告をスムーズにする営業日報はシステムを導入しよう

ウーマン

電話は代行してもらえる

電話

数多くある電話代行サービスを利用したいならランキングサイトを利用してみるといいでしょう。またかなりのメリットがあるのです。例えばスタッフが代わりに出てくれるのでコスト削減のほか、用件の取りこぼしもなくなります。

View Detail

機械が工数削減を助長

オペレーター

コールセンターのシステム化が進んでいます。電話応対の前にIVRなど機械システムを導入することで、コールセンター全体の生産性向上などを実現させることができます。IVRを活用することで本人確認の工数なども削減できるのです。

View Detail

報告を円滑にする手段

ウーマン

移動しながら入力できる

営業部は日々の仕事を上司に報告することが大切です。進めている仕事の進捗が分からないと、上司は適切な指示を下すことができません。報告専用の書類を提出するのが過去のやり方でした。しかし、紙面による報告は個人差があるので、上司の確認作業の負担が大きいという欠点があったのです。そのため、現在の営業日報は専用のツールを用いるやり方が人気になっています。必要事項にチェックを入れていくだけなので、上司は内容を読み取り易いのです。そして、営業日報の入力作業は移動しながらでも行えます。携帯電話やタブレット端末で入力すれば、ネット上にアップロードされる仕組みだからです。営業日報の入力を定期的に行えば、進捗状況をリアルタイムで確認できます。それにより、社内全体での情報共有が上手く行えるのです。

社内で徹底するのが大切

営業日報のシステムを有効活用することで、仕事は効率的に行えるようになります。情報共有が実現することで、連携し易くなるからです。しかし、営業日報のシステムは落とし穴があります。それは端末を使った入力作業を怠っている人が、社内に存在している場合です。営業日報のシステムは利用者全員が使わなければ意味がありません。入力作業をサボっている者が一人でもいると、著しく効果が下がってしまいます。そのデメリットを未然に防ぐためには、社内全体で営業日報を徹底することが大切です。利用する社員に対して教育を施すことでそれは成されます。そのためには営業日報のシステムを、業務フローに組み込むことが大切です。営業日報の入力がルールになれば、報告を怠る者は減少します。

社内名刺の一元管理

名刺

大企業には、膨大な数の名刺が集まります。その名刺を一元管理するサービスがお目見えしています。集まった名刺をデータベース化して、詳しいデータを繁栄させるのです。システムは、全社で共有でき、名刺管理システムからどのような取引が行われているかも、一目でわかります。

View Detail